注文住宅のトイレ

疎かにしてしまって後悔するケースとして多い場所の代表例として挙げられるのがトイレです。どのような失敗例があるのでしょうか。その例を参考にして、どんな点を考慮しておけば満足できるのかを判断できるようになりましょう。

トイレが狭すぎるという失敗例

分譲住宅は予め決められた間取りとなっている為、自身の理想に合う住宅を見つけ出すまでには苦労します。中には、見つけ出せずに妥協をして理想とは程遠い物件に住む人も少なくありません。その点、注文住宅は土…

便器を安くし過ぎる失敗例

注文住宅を建てて完成するとすべてがピカピカの状態です。もちろんトイレなどの水回りも誰も使っていない状態なので非常にきれいでしょう。最初は特に問題なく使えますが、トイレは使っているとどうしても汚れが…

収納の確保を忘れている失敗例

注文住宅のいいところは注文主の希望を聞いてもらって家を作れるところでしょう。ただすべての希望を入れるのは難しく、狭い土地に建てるならその中に収まる様にしないといけません。ある部屋の広さを確保すれば…

注文住宅のお風呂

注文住宅ではお風呂に費用をかけずに失敗してしまう例もあります。お風呂の作り方で失敗してしまう例としてどのようなものが代表的なのでしょうか。失敗例を参考にしてどんなお風呂にしたら良いのかを考えてみましょう。

スペースが不十分な失敗例

注文住宅を建てる時は、自分達の希望を取り入れて間取りや設備を決めることができます。リビングやキッチンはもちろんですが、お風呂も家族全員が使う場所なので失敗したくないですよね。カタログなどを見ながら…

設備が整っていない失敗例

マンションのユニットバスは窓がないタイプもあるので換気のための設備が必要です。一方注文住宅のユニットバスは窓があるでしょうから、窓から換気ができるようになっていれば換気設備が無くても大きな問題はあ…

お風呂の入り方を考慮できていない失敗例

扉の選択を間違えると使いにくい

注文住宅ではいろいろ決めていく必要がありますが、意外に忘れがちになるのが扉かも知れません。手前や奥に動かす開き戸や横に引く引き戸、そしてユニットバスでは折れ戸と呼ばれる扉がありお風呂の設備を決めるときに決める必要があります。標準としては折れ戸が設定されているケースが多くて価格も安めですが、家族にどんな人がいるかで入りやすさが変わるので注意が必要です。もし家族に高齢者がいるのであれば折れ戸や開き戸だと閉じ込められた時に開けにくくなり救出しにくいので適しません。安全を考えると引き戸を選ぶのが正解と言えるでしょう。一旦違う扉で入れてしまうとその後に変更ができないときもあるので、入り方を考慮して適切な扉を選ぶようにしましょう。

入る時間がばらばらなら追い炊きが必要

一人暮らしのワンルームマンションで暮らすとき、お風呂の追い炊き機能はあまり使いません。追い炊きがあると賃料が高くなるときもあるので、あえてついていない物件を選ぶ人もいるでしょう。では注文住宅を建てる時にお風呂に追い炊き機能を付けるべきかどうかです。家族が少なくて入る人の間隔が短いなら後に入る人も温かい状態で入れます。必ずしも追い炊きは必要ないかもしれません。しかし仕事をしている人がいて帰りが遅くなるならその人が入るときは冷めている可能性があります。追い炊きがあればお湯を沸かせば使えるので水道代を節約できるでしょう。追い炊き機能を後から付けようとすると別途工事が必要な時もあるので、いるかどうかをしっかり決めておきましょう。

© Copyright Start Custom House. All Rights Reserved.