トイレが狭すぎるという失敗例

注文住宅なら理想の家が建てられる

分譲住宅は予め決められた間取りとなっている為、自身の理想に合う住宅を見つけ出すまでには苦労します。中には、見つけ出せずに妥協をして理想とは程遠い物件に住む人も少なくありません。その点、注文住宅は土地から間取り、内装に至るまで全て自身の理想通りに作り上げていく事が出来ます。リビングを広めにしたり、木のぬくもりを感じられる様に材質にこだわったりと、それぞれのこだわりを予算の許す限り追求していく事が出来るのです。こだわりを追求しすぎるあまり、意外な盲点に気づかず、家作りを進めてしまい、完成してから失敗に気づくというケースは少なくありません。致命的な欠陥であれば、建築士が止めてくれますが、好みの問題の場合、そのまま進行していくので注意をしましょう。

トイレは見落としがちなので要注意

こだわりを追求しすぎて、後悔した事例として、水回りにまで気が回らずにトイレが狭すぎて、後悔してしまうという失敗例は少なくありません。生活空間として多くの時間を過ごすリビングや寝室の作りにこだわって、時間や予算をかけ過ぎて、トイレなどの水回りは見落としがちになります。他の生活空間は広々と作っているのに、トイレだけ狭いというアンバランスな家になってしまうので、これから注文住宅で設計を進めて行くという方は注意しましょう。トイレが狭くなってしまうと言う失敗例は一例でしか無く、最初の設計段階での検討が甘い事で後悔をするケースは少なく無いので、失敗事例を研究したり、建築士の方と細かく相談をしながらしっかりと進めて行きましょう。

© Copyright Start Custom House. All Rights Reserved.